Navigation

Skiplink navigation

「がんになるってこんな感じ」 がん経験者の場合

がんを2度患ったことのあるガブリエルさん(24)。他のがん患者とあからさまに死について話したことはない。誰がどんな治療を受けているかなどが患者同士の会話の中心で、時にはお互いにそれを競い合うように話した。思春期には自己批判に苦しんだガブリエルさんだが、がんを経験してからは自分のあるがままを受け入れ、また今あるものに感謝の念を抱くようになったという。(SRF/swissinfo.ch)

このコンテンツは 2018/06/12 08:30

スイス公共放送(SRF)のインタビュー番組「True Talk(本音でトーク)」。女性ボディビルダーや身体障害者、HIV患者など、差別や偏見と闘う様々な分野の人たちがカメラの前に立ち、普通の人だったら聞かないようなきわどい質問にも率直に答える。スイスインフォがこの番組を不定期に配信する。

End of insertion

(英語からの翻訳・由比かおり)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する