Navigation

ユーモアの正体 スイスで探求

笑いやユーモアは我々の生活の一部だ。しかし実は科学的にあまりよく解明されていない。ユーモアを研究するチューリヒ大学の心理学教授が、我々の知らないユーモアのはたらきについて明かした。(SRF Kulturplatz, swissinfo.ch)

このコンテンツは 2014/08/28 11:00

どんな日常生活にもユーモアはつきものだ。しかしユーモア研究に関してはこの30年間、ユーモア抜きで、真剣な科学的研究が行われてきた。

チューリヒ大学のヴィリバルト・ルッフ教授は、ユーモアに関する研究において、ドイツ語圏で最も権威ある科学者として知られている。

ユーモアは他人をよく知るための有効な手段であると、ルッフ教授は説明する。交わされる様々なユーモアが、その人物のイメージを構築する手だてとなる。

また通念とは逆に、ユーモアは文化によって特徴づけられるものではないという研究結果が出ている。文化は「何について笑ってよいか」「何について笑ってよくないか」といったタブーに関する点に影響を与えるのみだ。

他にユーモアには、恐怖や怒りを和らげ、中和する作用があるということがわかっている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。