スイスの視点を10言語で

コロナ第2弾緩和、テラス席営業解禁 実施時期は未定

Berset
Health Minister Alain Berset speaking at a government press conference on Friday Keystone / Anthony Anex

スイス連邦内閣は12日、新型コロナウイルスに伴うセミロックダウンの第2弾緩和計画(22日予定)を公表した。国内の感染状況が落ち着いている場合に限り、レストランのテラス席営業、室内での10人まで集まりが可能になる。

ただ国内の新規感染者数が再び増加に転じたため、予定通り22日に実施するかは未定。連邦内閣は州の意見聴取手続きを経て、19日に最終決定する。

連邦内閣によると、第2弾緩和では屋内での集まりを現行の最大5人から10人に引き上げる。

観客を入れたイベントも解禁する。サッカーの試合など屋外は最大150人、映画館などの屋内は50人までとする。座席数は会場定員の3分の1までに制限し、着席制・マスク着用を義務付ける。

美術館・博物館のガイド付きツアー、団体の会合も可能になるが、最大15人とする。

現在閉鎖が続いているレストラン・カフェは、テラス席の営業を解禁する。

成人のアマチュアスポーツ・文化活動も解禁。ただしグループで行う場合は15人まで。対人距離を取る、マスクを着けるなどの制限措置がある。

大学での対面授業も解禁されるが、1グループ最大15人に制限。マスク着用と対人距離を取る必要がある。

高齢者施設では、ワクチン接種を受けた高齢者のマスク着用義務を撤廃する。ワクチン接種を受けた人は、陽性者と接触した場合でも自宅待機する必要がなくなる。

スイス政府は第2弾緩和の条件として、▽直近14日間の10万人当たり新規感染者数(17日)が3月1日時点(165.9)を下回る▽7日間の陽性率5.0%未満▽集中治療室のコロナ患者数250人未満▽直近7日間の実効再生産数1未満――の4要件を設定した。だが現時点では、入院患者数を除く3つの項目が基準を満たしていない。

12日時点で、国内の新規感染者数は1333人。7日平均では10%上昇した。アラン・ベルセ内相は同日の会見で、隣国の感染状況にも改善が見られないとして「私たちは(感染の)第3波に備えなければならない」と発言。第2弾緩和の協議はしたものの「今は緩和に最適な時期ではない」とも述べ、慎重な姿勢を見せた。

抗原簡易検査が無料に

一方連邦内閣はこの日、全ての抗原簡易検査の費用を政府が全額負担することを正式に決定した。今後、症状がない人でも薬局や検査センターで抗原簡易検査を無料で受けられるようになる。

活発なディスカッション

ニュース

マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究
ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部