Navigation

スイス軍練習機の死亡墜落事故、パイロットの人的ミスが原因

PC-7。2017年に墜落事故を起こした機体と同型のもの Keystone

スイス軍の軍事裁判所は20日、2017年9月にベルナーオーバーラント地方で軍用練習機PC-7が墜落、パイロットが死亡した事故について、パイロットの人的ミスが原因だったという決定を出した。

このコンテンツは 2019/08/20 10:19
Keystone-SDA/sm

裁判所は、PC-7のパイロットは視界が不十分だったにもかかわらず、計器よりも目視を頼りに操縦していたと結論付けた。PC-7はベルン州グリンデルワルトの山、シュレックホルン(4080メートル)に墜落、パイロットは死亡した。

PC-7はスイス北西部のパイエルヌ空軍基地を出発し、同南部ロカルノに機体を運ぶ途中だった。

PC-7はスイスのピラトゥス社が開発した単発練習機。スイス軍は1978年に訓練機として導入した。

軍の裁判所は今回の判決を持って法的手続きは完了したと述べた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。