Navigation

国連、スイスのブルカ着用禁止は「基本的自由を制限」

顔を覆うベールは、ティチーノ州やザンクト・ガレン州だけでなく、スイス全国で着用が禁止される Keystone / Mario Vedder

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は9日、スイス国民投票の結果を受け、ブルカの着用禁止は差別的だと遺憾の念を表明した。

このコンテンツは 2021/03/10 12:01
swissinfo.ch/mga

OHCHRによると、7日に行われた国民投票に至るまでの政治的キャンペーンは、女性解放の言説を利用した外国人排斥に特徴づけられていたと言う。

OHCHRは声明で、「顔を覆うものの着用が、安全や健康、または他人の権利を脅かすことになるという漠然とした正当化は、基本的自由を侵襲的に制限する正当な理由とはみなされない」と述べた。

また、「外国人排斥色の強い政治的な宣伝活動をきっかけに、スイスはイスラム教徒の女性に対する差別を積極的に法律で制裁する、数少ない国の仲間入りをした」とも言い、「深く遺憾」とも非難した。

7日の国民投票では、イスラム教徒の女性が着用するブルカやニカブなどを含む、顔を覆うベールの着用禁止を求める案件の是非が問われ、有権者の51.2%が賛成した。隣国フランスやオーストリアを含む欧州5カ国では既に禁止されている。

「女性に顔を隠すよう強制すべきではない。だが同時に、顔を覆うことを法律で禁止することは、女性が持つ宗教や信条を表明する自由を不当に制限し、女性の人権に大きな影響を与える」とOHCHRは述べる。

チューリヒ・イスラム組織協会(VIOZ他のサイトへ)は、投票結果に「失望」したと話した。ムリス・ベゴヴィッチ常務理事はスイスの公共放送SRFの取材に対し、「同協会は結果を尊重するが、反イスラム主義的人種差別が増加している」と警告した。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。