Navigation

スリランカ当局、誘拐された大使館職員に受診命令

ゴタバヤ・ラジャパクサ大統領率いるスリランカ政府は、同氏の汚職疑惑を捜査していた警察官の無断出国を禁止していた。スイス大使館職員の誘拐事件との関わりは? Keystone

スリランカでスイス大使館の現地職員が一時誘拐されたとされる事件で、スリランカの裁判所は、捜査の一環としてこの現地職員に医師の診察を受けるよう命じた。

このコンテンツは 2019/12/11 11:24
AFP/ts

スリランカ国籍の女性職員は先月25日、路上で車に引きずり込まれ、「大使館関連情報」を開示するよう男らに脅されたという。「事件」はスリランカの警察官幹部がスイスに難民申請した翌日に発生した。

>>事件の概要を詳しく知る

スリランカ側は、ウーバー(Uber)の記録、監視カメラ(CCTV)映像、電話履歴やGPSデータなどから、事件の真偽に疑問を呈した。これに応じる形で、スイス当局は今月2日、スリランカ大使を召喚し、説明を求めた。

>>「事件」後の経過を詳しく読む

スリランカの裁判所は9日、女性職員に対し、裁判所が指定した医師の診察を受けるよう命じた。また捜査のため、12日までスリランカにとどまらなければならないとした。

スイス大使館によると、女性職員は健康状態が悪く、聴取に耐えられないとしている。だが女性職員は8日、裁判官の決定に従い警察官の前で長時間証言した。

ラジャパクサ政権

スイスに難民申請したスリランカの警察官は、先月の大統領選で当選したラジャパクサ大統領らに関連する事件を捜査していた。2005年から2015年まで大統領を務めた兄のマヒンダ氏が首相に就任した。

ラジャパクサ氏らはスリランカを10年にわたり圧制で支配した強権派。一家は汚職などの容疑で告発されている。

新政府は、いかなる警察官も許可なしに出国できないよう、空港入国管理局に命じていた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。