スイスの視点を10言語で

ドローンの長時間飛行が可能に ダイヤモンドを使ったレーザービームで

ダイヤモンドが出すレーザービーム
レイク・ダイヤモンド社が開発したシステムでは、ドローンの表面上の光電池にレーザービームを直接照射してエネルギーを供給する。ダイヤモンドを使うことで、パワーを落とさずにより遠くへビームを飛ばすことが可能になった。人間の健康にも無害だという LakeDiamond

ドローンを無限に飛ばす鍵を握るのはダイヤモンドかもしれない。スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の設立したレイク・ダイヤモンド社が、小さな実験用ダイヤモンドを使って小型のドローンに電力を供給する安全なレーザービームシステムを開発。充電式バッテリーがなくてもドローンを飛ばすことが可能になった。

ますます洗練され多様性が高まっているドローンだが、まだ一つ大きな弱点がある。それはバッテリーの容量だ。特に遠隔地で情報を収集するために使われるプロペラ式のドローンが該当し、この種のドローンが一回の充電で飛行できる時間はわずか15分と短い。

 ドローンの重さを増やさず、また人間の健康に害を与えない電力の供給方法を見つけるために、各国の研究所はダイヤモンドに注目。開発競争が進む中、EPFLは7日、レイク・ダイヤモンド社外部リンクが直径わずか数ミリメートルの人工ダイヤモンドが持つ光起電力を利用し、高出力レーザーと追跡システムを使ってドローンの飛行時間を延ばすことに成功したと発表した。

 同社の開発した新しいシステムは、ドローンの表面上の光電池にレーザービームを直接照射してエネルギーを供給する。ダイヤモンドのおかげで、ビームの強度を保ちながら、人間の肌や目に損傷を与えずにビームをもっと遠くに飛ばすこと可能になった。

 レイク・ダイヤモンド社のシステムは、低出力のダイオードが出す光線を光学的なダイヤモンド製の反射板に当て、高品質のレーザービームに変換する仕組みだ。このシステムは標準仕様で30ワット以上を供給。これは小型のプロペラ式ドローンには十分な電力だ。

 この用途に適した人工ダイヤモンドの開発と、同テクノロジーに欠かせないナノエッチングの研究にレイク・ダイヤモンド社は10年を費やした。2019年初頭に本システムの試作品が発表され、20年には商業化される見込みだと同社の広報官が明らかにした。

 この新しいレーザーシステムを使えば、ドローンが再充電のためにチャージャーの場所に戻る必要がなくなる。もっとも、予備のバッテリーはまだ必要だと同社は考えている。例えばレーザーのエネルギー供給が障害物で遮られた場合はどうするかといった、商業化の前にまだ開発が必要な問題も存在する。

 スイス宇宙局は現在、衛星への電力とデータ送信にこの技術を応用するプロジェクトを支援している。

おすすめの記事
Quadcopter drone in flight

おすすめの記事

スタートアップ企業が集中するスイスの連邦工科大近辺「ドローンバレー」

このコンテンツが公開されたのは、 ドローンの開発研究分野でスイスは最先端を行く。連邦工科大学のローザンヌ校とチューリヒ校をつなぐ区域には、過去数年の間に80社ものスタートアップ企業が設立され、関係者はシリコンバレーならぬ「ドローンバレー」と呼ぶ。この快進…

もっと読む スタートアップ企業が集中するスイスの連邦工科大近辺「ドローンバレー」


ニュース

眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も
裁判所のドア

おすすめの記事

「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦裁判所(最高裁)は先月26日、チューリヒ地方裁判所の判事の1人に対し、気候活動家に関する裁判への関与を禁じる判決を下した。この判事が過去の裁判で活動家への団結心を見せたとして、考え方に偏りがあると結論付けた。

もっと読む 「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁
財布からお金を取り出す人

おすすめの記事

スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は25日、2023年の名目賃金は1.7%上昇したと発表した。インフレ(年平均2.1%)に相殺され、実質賃金は0.4%低下した。

もっと読む スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部