ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ドローンの最新テクノロジー ドローンの長時間飛行が可能に ダイヤモンドを使ったレーザービームで

ダイヤモンドが出すレーザービーム

レイク・ダイヤモンド社が開発したシステムでは、ドローンの表面上の光電池にレーザービームを直接照射してエネルギーを供給する。ダイヤモンドを使うことで、パワーを落とさずにより遠くへビームを飛ばすことが可能になった。人間の健康にも無害だという

(Copyright LakeDiamond)

ドローンを無限に飛ばす鍵を握るのはダイヤモンドかもしれない。スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の設立したレイク・ダイヤモンド社が、小さな実験用ダイヤモンドを使って小型のドローンに電力を供給する安全なレーザービームシステムを開発。充電式バッテリーがなくてもドローンを飛ばすことが可能になった。

ますます洗練され多様性が高まっているドローンだが、まだ一つ大きな弱点がある。それはバッテリーの容量だ。特に遠隔地で情報を収集するために使われるプロペラ式のドローンが該当し、この種のドローンが一回の充電で飛行できる時間はわずか15分と短い。

 ドローンの重さを増やさず、また人間の健康に害を与えない電力の供給方法を見つけるために、各国の研究所はダイヤモンドに注目。開発競争が進む中、EPFLは7日、レイク・ダイヤモンド社他のサイトへが直径わずか数ミリメートルの人工ダイヤモンドが持つ光起電力を利用し、高出力レーザーと追跡システムを使ってドローンの飛行時間を延ばすことに成功したと発表した。

 同社の開発した新しいシステムは、ドローンの表面上の光電池にレーザービームを直接照射してエネルギーを供給する。ダイヤモンドのおかげで、ビームの強度を保ちながら、人間の肌や目に損傷を与えずにビームをもっと遠くに飛ばすこと可能になった。

 レイク・ダイヤモンド社のシステムは、低出力のダイオードが出す光線を光学的なダイヤモンド製の反射板に当て、高品質のレーザービームに変換する仕組みだ。このシステムは標準仕様で30ワット以上を供給。これは小型のプロペラ式ドローンには十分な電力だ。

 この用途に適した人工ダイヤモンドの開発と、同テクノロジーに欠かせないナノエッチングの研究にレイク・ダイヤモンド社は10年を費やした。2019年初頭に本システムの試作品が発表され、20年には商業化される見込みだと同社の広報官が明らかにした。

 この新しいレーザーシステムを使えば、ドローンが再充電のためにチャージャーの場所に戻る必要がなくなる。もっとも、予備のバッテリーはまだ必要だと同社は考えている。例えばレーザーのエネルギー供給が障害物で遮られた場合はどうするかといった、商業化の前にまだ開発が必要な問題も存在する。

 スイス宇宙局は現在、衛星への電力とデータ送信にこの技術を応用するプロジェクトを支援している。

スイスの革新技術 スタートアップ企業が集中するスイスの連邦工科大近辺「ドローンバレー」

ドローンの開発研究分野でスイスは最先端を行く。連邦工科大学のローザンヌ校とチューリヒ校をつなぐ区域には、過去数年の間に80社ものスタートアップ企業が設立され、関係者はシリコンバレーならぬ「ドローンバレー」と呼ぶ。この快進撃の要因は何か?そして空の混乱を避けるための対策とは? ...


swissinfo.ch/jdp

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。