Navigation

胎児の尿道狭窄治療に光 世界最小のステント開発

連邦工科大学チューリヒ校 Keystone / Christian Beutler

スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)の科学者が、世界最小のステントを開発した。ステントは血管など人体の管状の部分を内部から広げる器具で、ETHZの開発したステントは通常の40分の1のサイズという。

このコンテンツは 2019/08/09 10:52
swissinfo.ch/ETH Zurich

同校によると、ステントのサイズは幅0.05ミリ、長さ0.5ミリ。子宮内胎児の尿道狭窄の治療に効果が見込めるという。

ステントは、心筋梗塞や狭心症の患者に対し、冠動脈の狭窄している部分に留置して血管の拡張を維持する医療機器として使われる。ただ胎児の尿道はそれよりはるかに狭いため、こうした治療が難しかった。

アールガウ州立病院の小児外科医らがETHZのマルチスケール・ロボティクス研究室他のサイトへに、より小型なステント開発を提案した。

連邦工科大学チューリヒ校が開発したステントは、幅が0.05 ミリ、長さが0.5ミリのサイズ Carmela de Marco / ETH Zurich

研究チームは、レーザービームから得られた熱を使い、3Dテンプレート(3Dネガ)を、溶媒で溶解可能なマイクロモールド層にカット。そのテンプレートを形状記憶ポリマーで満たし、紫外線をあてて硬化させ、溶媒に浸して完成させた。

小児外科医のガストン・ドゥ・ベルナディ氏は「形状記憶ポリマーは、尿道狭窄の治療に適している。圧縮して患部に挿入し、留置するとステントが元の形状に戻り、狭窄領域を広げる」とメリットを語る。

今後、動物実験で効果を検証する。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。