Navigation

チューリヒ空港 顔認証自動ゲート導入

Keystone
このコンテンツは 2017/09/28 10:30

スイスのチューリヒ空港で27日、生体認証により顔を自動で認識する出入国審査ゲートの運用が始まった。出入国手続きの混雑解消が目的だ。

国内最大のチューリヒ空港は最近、設備の拡張・改修費に800万フラン(約9億2千万円)を計上。パスポート保有者の顔を自動で認識する生体認証システムの導入は、改修事業の目玉だった。ジュネーブ空港も今後、出入国自動管理システムを導入する予定。

スイス、欧州連合(EU)、欧州経済領域(EEA)圏内の生体認証機能付きパスポートを所有する18歳以上の人が対象。パスポートを自動読み取り機にかざすと、前方のスキャナーが顔を認識する。手続きは約10~20秒で済む。

チューリヒ空港は1日4万人が利用。昨年の利用者は年間2770万人と過去最高を記録した。

(英語からの翻訳・宇田薫)

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?