Navigation

スイスの若者のネット利用、1日4時間

スイスの若者がインターネットにつながっている時間は1日平均4時間 Keystone

スイスの若者がインターネットに使う時間は1日4時間。オンラインゲームの利用に政府が時間制限を設けた中国とは対照的に、自分でネット利用にルールを課している若者も多い。

このコンテンツは 2019/11/18 06:00
Keystone-SDA/ts

連邦青少年問題委員会がまとめた報告書「Always On他のサイトへ」によると、スイスの16~25歳は常にオンライン状態であることにメリットを感じている。調査は16~25歳の青年1001人と40~55歳の中年390人が答えた。

最も頻繁に使われているのはショートメッセージやソーシャルメディア、Eメール、動画共有サイト。若い人々は特に他の人と連絡を取ったり学校・就職情報を探したり、単なるエンターテイメントとして使っている。

外部リンクへ移動


一方、3人に1人は特定のアプリにストレスを感じており、4人に1人はネットに接続されていないと不安を感じると答えた。

調査では、16~25歳の1日当たりオンライン時間は平均4時間だった。40~55歳では2.5時間だった。

規制を検討

調査では、プッシュ通知に対処するために若い人の95%が自律のための取り組みをしていることが分かった。

例えば4人に3人は何か別のことに集中したい時は携帯電話を使わず、3人に2人は時間を使いすぎたアプリを削除、2人に1人はプッシュ通知機能を解除したことがある。

4割はネットにいつどのくらい接続するかルールを設けている。

1割はいわゆる「ネット中毒」で、ネット接続時間は平均5.6時間。ネット利用にルールを設けてはいるが、繋がっていないと禁断症状が出る。

経済協力開発機構(OECD)によると、スイスの若者のネット接続時間は加盟国平均を下回る。

外部リンクへ移動

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。