Navigation

スイスの退役F-5機、米軍が購入へ

スイス軍のF-5タイガー戦闘機 Keystone / Ho

米海軍は、パイロットの訓練に使用するため、スイス軍所有の退役F-5タイガー戦闘機22機の購入を検討している。

このコンテンツは 2019/12/19 08:00
swissinfo.ch/ac

ドイツ語圏の日曜紙ゾンタ―クス・ツァイトゥング他のサイトへによると、米国の2020年の「大統領予算」に、購入費計4千万ドルが計上されている。スイス国防省装備局(Armasuisse)は、米国とは夏に協議したが、契約成立には至っていないと述べた。米国の防衛予算は議会の承認が必要で、承認されれば2021年に納品の見込みという。

スイスのF-5タイガーは約35年前の機体で、維持管理に年間50万フラン(約5500万円)かかる。数年前、米海軍は44機のタイガー戦闘機を購入。訓練中、敵機役として利用するため再購入した。

スイスは米国から計100機のタイガー戦闘機を購入し、うち53機が残る。26機が現役だ。2014年、スイス政府は新しいグリペン戦闘機の購入計画を提案したが、国民投票で否決された経緯がある。

スイス政府は現在、総額60億フランの戦闘機購入計画を進めており、空軍が仏エアバス、ダッソー、米ボーイング、ロッキードマーティンから出された4件の提案を考査している。スウェーデンのサーブ社は撤退した。

スイス政府は、領空の安全確保のため、老朽化したF-5タイガーとF/A-18を遅くとも2030年までに刷新する必要があると主張している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。