仏司法当局、UBSに約4千億円の罰金命令

sda-ats

スイス大手銀行UBSが脱税と資金洗浄をほう助した疑惑をめぐり、仏裁判所は20日、同行に有罪判決を出し、37億ユーロ(約4千億円)の罰金を命じた。

このコンテンツは 2019/02/20 14:45
Bloomberg/tm

≫UBSの脱税・資金洗浄ほう助疑惑

フランスの捜査当局の訴えに対し、UBSは無罪を主張。口頭弁論で「明確で簡潔な議論」を行い、「この事案は訴えの根拠を欠く」と述べていた。有罪判決の直後、UBSは「開示義務に基づき、できるだけ早期に詳細を説明するよう要求した」という。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する