Navigation

スイスの病院でモルヒネ使用が増加

モルヒネの消費増加は、精神科施設での処方が増加したことも一因 Keystone

スイスの外来治療におけるモルヒネ消費量は、2017年に7割増加した。スイス最大の健康保険会社ヘルサナがバーゼル大学病院と医学薬学研究所と共同で調査を行った。

このコンテンツは 2019/01/09 10:00
swissinfo.ch/ts

フランス語圏の日曜紙ル・マタン・ディマンシュは6日、精神科施設における鎮痛剤の処方増加が、モルヒネ消費の増加の一因であると報じた。従来ヘロインの代用として麻薬中毒者に与えられていたメサドンの変わりに、現在はモルヒネが処方される傾向にある。これはモルヒネなら一部の副作用を回避できるためだ。

同紙また、様々な種類の鎮痛剤となる合法オピオイドの消費も全体的に増加しているとした。

スイスの製薬会社を統括する組織「インターファーマ(Interpharma)」のデータによると、オピオイドの販売は2010年~17年の間に約5割増加し、127万ユニットから182万ユニットに増えた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。