Navigation

男児刺殺の75歳女を殺人罪で起訴

事件現場に置かれた花 (KEYSTONE/Georgios Kefalas)

スイス北部バーゼルの路上で今年3月、下校途中の小学生男児(7)がナイフで刺され死亡した事件で、バーゼル市検察庁は75歳の女を殺人罪で起訴した。

このコンテンツは 2019/12/16 12:57
Keystone-SDA/SRF/swissinfo.ch/ilj

この事件は国内で大きく報じられた。男児は3月21日、昼休みに小学校から1人で歩いて帰宅途中だったところを突然刺された。スイスの公立小学校は給食がなく、子供たちは自宅に帰る。

自転車で通りかかった担任の教諭が見つけ、通報した。男児はバーゼル大学小児病院に運ばれ、緊急手術を受けたが、間もなく死亡した。

女はスイス国籍でバーゼル在住。現場を立ち去った後、複数の知人に自分のしたことを知らせるテキストメッセージを送り、警察に出頭した。動機は不明という。

バーゼル市検察庁は13日出した声明で、女を殺人罪で起訴したと発表。女はこれまで事件以来拘留されていたと述べた。

同庁のペーター・ギル氏はドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)に「殺意を持って人を殺す行為は、一般的な殺人行為の中でも最も重い。我々の見解は正当化される」と述べた。

声明によると、検察庁は(刑事訴訟の)事前手続きを終了し、事件を裁判所に送致した。精神鑑定の結果では女に責任能力が認められなかったが、検察庁は裁判所に対し、刑法64条に基づく拘留請求を出した。これについては裁判所が判断するが、女はそれまで引き続き拘留される。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。