Navigation

Skiplink navigation

スイスの64歳男性受刑者が安楽死を希望

受刑者が安楽死を希望した場合、受け入れられるのだろうか? Keystone

スイス・ベルン州の刑務所に収監されている64歳の男性受刑者が、重病などを理由に安楽死を希望し、スイスの自殺ほう助支援団体「エグジット」にサービスを受けたいと申請したことがわかった。

このコンテンツは 2018/08/03 09:57
SDA-ATS/cl

エグジットは男性受刑者に対し、申請を真摯に検討するが、(服役中であるという)特殊な事情であることは考慮しなければならないと返答した。エグジットはこれ以上の詳細についてコメントできないとしている。

一方、ジュネーブにある「エグジットA.D.M.D」のピエール・ベック副代表は7月末、フランス語圏のスイス公共放送ラジオ(RTS)に対し、ジュネーブのシャンドロ刑務所に収監されていた受刑者が約1年前、重病を理由に同様の申請をしたことがあると語った。ベック氏は「私たちはこの問題に対処できなかった」と述べた。

受刑者はエグジットに充てた申請文の中で、自分が生きていても仕方がない理由として3点を挙げた。それは治る見込みのない肺の病気にかかっていること、深刻な精神病を患っていること、ベルン州が裁判所の決定を無視して、同伴付きの外出を長い間認めてくれないことーだという。受刑者は、これは「心理的拷問」であり、自分の「将来の展望」は一切失われてしまったとしている。

>>104歳のオーストラリアの科学者がスイスで安楽死 

受刑者が自殺ほう助を申請したことは、受刑者らの保護支援団体「Reform91」のペーター・ツィマーマン代表が本人の同意を得てスイス通信(ATS)に公表した。

刑務所を管轄するベルン州の収監・ケア部局は、受刑者から正式な安楽死の要望は受けていないと述べた。ラズロ・ポルガー部局長は、スイスの法律には受刑者が自殺ほう助を希望する場合を想定した法規制がないと述べた。また、現行の「ゼロ・リスク政策」により収監期間が延びていることに触れ、現行法は今後こうした事態を考慮する必要があるとした。

一方、ポルガー氏は、自殺ほう助を「服役逃れ」にはさせないと強調した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する