マルチメディア

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

オオカミ 単なる邪魔者扱い?オオカミとの共存は無理なのか

オオカミが姿を現すたびに、スイス人はとても感情的になる。絶滅したと思われていたこの捕食動物がスイスに戻って来て以来、人々は危機感、恐れ、怒り、そして魅惑といったさまざまな感情に直面している。  19世紀の終わり頃、反オオカミ運動の一環でスイス最後の野生オオカミが狩猟された。 ...

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

価格比較 ショッピングカートの中身を比較 お買い得な国は?

スイスインフォがスイスと隣国フランスのスーパーマーケットで食料品14品を対象に実施した簡易調査で、同類の商品を両国で購入した場合、スイスの総額がフランスに比べ91%も高かったことがわかった。  映像にまとめた簡易調査は6月末、スイス・ローザンヌのスーパーマーケットCOOPと、 ...

動画で見る北朝鮮 北朝鮮で20年以上、人道支援を行うスイス

全体主義体制下の北朝鮮は、世界で最も閉ざされた国の一つに数えられる。しかし人道支援を行うスイスは、北朝鮮国内の広範囲での活動が許されている。連邦外務省開発協力局(DEZA)はこれまで20年以上に渡り、北朝鮮で人道支援を行ってきた。

実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」 三池崇史監督が観たヌーシャテル映画祭でのワールドプレミアと主役の山﨑賢人

完成したばかりの映画を、スイスの小さな町ヌーシャテルで世界最初に上映し、主役の山﨑賢人にとって初めての映画祭で、観客に迎えられ、「作品が自分を日本から外に連れ出してくれるという感覚」を味わった。映画祭を体験しての感想と山﨑賢人の役柄について、三池監督が語る。

実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」 三池崇史監督が語る「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部実写化と撮影の様子

「ジョジョの奇妙な冒険」の中で唯一日本が舞台である第4部を実写化した三池崇史監督。話の舞台である日本の町・杜王町をどのようにキャスティングし、また、なぜスペインのシッチェスで撮影したのかを語る。

「スイスは下水処理のパイオニア」

「水なくして生命なし」。この一見シンプルなフレーズが、長年ベアート・アマンさんを「きれいな水」の追求に駆り立ててきた。アマンさんは、15年前からスイス最大の下水処理場「ARAベルン」の所長を務める。 今年で創立50周年を迎えるARAベルンの処理区域は13の自治体。 ...

夏の風物詩 ベルン住民の夏の楽しみ方といえば、やっぱり川遊び!

夏になるとスイスの首都、ベルンの旧市街を流れるアーレ川のあちらこちらで水しぶきと歓声が上がり、人の頭がポコポコと水面に浮かぶ。ベルンを初めて訪れる人は、この光景に目を見張ることだろう。町のど真ん中での川遊び、これぞまさにベルン住民の夏の楽しみ方だ。(Diccon Bewes, ...