マルチメディア

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

チューリヒ・トーンハレ管弦楽団 クラシック愛好家、楽団の「仮住まい」に不服 定期会員2割退会

世界トップクラスのチューリヒ・トーンハレ管弦楽団が本拠とするコンサートホール「チューリヒ・トーンハレ」が改装中だ。このため団員は「仮住まい」に追いやられ、管弦楽団の定期会員の2割が退会した。

家畜のにおい、どこまで耐えるべき? 鼻を基準に「におい」測量 国の農業ガイドライン見直しで

農家の近隣住民たちは、どれだけにおいに耐えるべきなのか?連邦経済省農業局による農業のガイドラインの見直しで、においの項目をどう改定するかが大きな課題となっている。そこで連邦経済省農業研究センターは、人間の鼻による「におい検査」を実施した。

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

デモクラシー研究室 国民投票で可決!その次のステップは?

国民発議(イニシアチブ)で出された提案が国民投票で可決されると、連邦議会はその提案を実現するための作業に入る。国民の決断と現行の規定を調和させるにはどうすればよいだろうか?

スイス国籍取得 ポーランド&スコットランド人カップルがスイス人になったわけ

スイスに住むポーランド人とスコットランド人のカップルが、子供がこの土地に馴染むためにスイス国籍を取得することを決めた。 (Julie Hunt, swisisnfo.ch) 英国人のデビッド・カークさんはスコットランド地方のビュート島にある主要な港町ロスシー出身。 ...

アフリカで熱病と闘う 発熱原因を正しく知り 抗生物質に頼らない治療を

熱帯医学の専門家で医師のヴァレリー・ダクルモンさん(45)は、発展途上国における急性熱性疾患の新たな診断方法を研究している。この研究によって、発展途上国ではより適切な治療が施され、抗生物質の過剰処方が減ってきている。

アルプスの野生動物 マーモット、アルプスに生きるスイスのマスコット

スイスの山岳地帯に生息するアルプスマーモット。丸々とした顔に二本足で立つ姿は観光客に人気で、マッターホルン登山の拠点のツェルマット村では、どこのキオスクにもマーモットの写真入り絵葉書が置いてある。いわばこの国のマスコット的存在だ。それだけではなく、脂肪は人間用の軟膏の原料になり、...

スイスの研究者が開発 土石流を早期に察知 最新技術の警報システム

スイスで近年頻発する土砂災害の被害を食い止めるため、チューリヒ大と連邦工科大学チューリヒ校の研究者が、より早期に土石流を探知し住民に危険を知らせる新しい警報システムを開発している。スイス公共放送SRFは研究者と一緒に現場のマッター谷(ヴァレー州)を訪れ、その仕組みを取材した。...

モダンドラマーのドキュメンタリー ジョジョ・メイヤー「Changing Time」

ドラマーの最先端を行くスイス・チューリヒ出身のジョジョ・メイヤー。幼少期からドラムを演奏し、独学でドラムのテクニックを身につけた。彼の人生は、時代の流れと共に、「新しい音楽」を探求してきた。