マルチメディア

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

ガエタン・ジラルダンさんのインタビュー

若年介護者に必要な支援とは何か。ガエタン・ジラルダンさんに聞いた。 (Careum/カライドス応用科学大学)

ジュリア・ブランドリさんのインタビュー

若い頃に母親を介護した経験を持つジュリア・ブランドリさんが、当時の苦労を語る。(Careum/カライドス応用科学大学)

本音でトーク⑤ 「コントロール出来ているふりをした」 薬物依存者の場合

薬物依存症だった15年間で、350万フラン(約3億8千万円)を薬物につぎ込んだレダさん(47)。「ジャンキーは皆、基本的にうそつき」と話す。薬物を使用するとどうなるか?薬物依存から抜け出すために必要なことは?レダさんが自身の体験から語る。

デジタル・ディバイド デジタル化の波に乗り遅れるな!高齢者がアプリで切符の買い方学ぶ

スイス連邦鉄道(SBB)と高齢者支援団体は、スマートフォンのアプリで切符の買い方を学ぶシニア向けの講習会を開いた。

政府の補償 被害者はどう受け止めたか

「Verdingkinder(奉公に出された子供たち)」として親元から引き離された経験を持つヴァルター・エミスベルガーさん。政府の補償の申し出を、どのような心境で受け止めたのか。(SRF/swissinfo.ch)

身の安全を守る 警察官全員にボディカメラ着用 チューリヒ市警察が計画

チューリヒ市警察が、パトロール中の警察官全員にボディカメラを着用させる計画を進めている。同警察が試験的に導入、3年にわたり効果を検証したところ、結果は上々だった。しかし警察官のプライバシー問題に対する懸念の声もある。(SRF/swissinfo.ch)

子供はみんなおしり好き 日本の「おしりたんてい」、スイスの「社会福祉探偵」解説に一役

遠い日本では、お尻みたいな探偵も活躍しているよ―。スイス人俳優のドミニク・デビルさんが語りかけると、お行儀良く耳を傾けていた子供たちは大はしゃぎ。スイスの政治問題を子供向けに解説するテレビ特番に、日本のアニメ「おしりたんてい」が登場した。彼が扮したスイスの「社会福祉探偵」とは―?(swissi...

循環型社会 スイスではなぜリサイクルが進まない?

ほとんどのプラスチック製品にリサイクルラベルが貼ってあるのに、スイスでリサイクルできるのは、ほんのわずか―。スイスインフォのスーザン・ミシカ記者が1カ月でためたプラスチックごみは買い物袋4つ分。しかしスイスのベルンでは、その半分もリサイクルできない。ただ、それってそんなにダメなことなのだろうか?

労働者の祝日 スイスのメーデー、休日なのはどこ?州によってばらばら

5月1日のメーデーは、国際的に広く普及している「労働者の日」。世界各地で労働者団体などが大規模なデモを行う日だ。メーデーを休日とする国は多いが、連邦制のスイスでは州によって休日のところと、そうでないところと分かれる。州をまたいで通勤する人たちは注意が必要だ。

ユーモアたっぷりにご紹介 スイス人とどうやったら友達になれる?

シャイで奥手なスイス人と、どうやったら友達になれるか?これは多くのスイス在住外国人がぶつかる壁だ。でも、ご安心を。このユーモアあふれるアニメが秘訣を詳しく説明してくれる。