Navigation

スイス政府 イスラエルのガザ支援船攻撃に対し調査を要求

負傷者はテルアビブの病院に運び込まれた Keystone

5月31日、イスラエルがパレスチナ支持の国際支援団の船団をガザ地区の海岸近くで攻撃し、多数の死者とけが人が出る結果となった。この重大な出来事について連邦外務省は同日、大変憂慮していると発表した。

このコンテンツは 2010/06/01 09:44

この船団は、ガザ地区の住民に人道支援物資を届けようとしていた。スイスはこの悲惨な結末を招いた事情を解明する国際調査を要求している。

国際機構の構築を

連邦外務省 ( EDA/DFAE ) は、複数の船団員が死亡し、けがを負ったことを遺憾に思うと発表し、犠牲者の家族や関係者に哀悼の意を表した。イスラエル軍の31日の発表によると、船団側の死者は少なくとも9人、けが人は数十人に上った。イスラエル軍にも7人のけが人が出た。

スイスはまた、この出来事の事情を解明するための国際調査も要求している。在スイスのイスラエル大使を呼び出してより詳しい情報を求めるとともに、この件についてのスイス側の憂慮を伝えた。

ジュネーブ条約により、イスラエルはガザ地区の住民の生活を保障し、食糧や医薬品などの人道物資の需要を満たす義務を負っている。スイスは、生活必需品などの供給の体制改善を図り、その状態を維持し、さらにガザ地区の再建に向けて何らかの解決策を生み出すべきだという見解だ。

スイスはこれまでにも、イスラエル国内の安全を配慮した上で、ガザ地区との定期的な接触を確立できる国際機構の構築をたびたび提案してきた。

swissinfo.ch

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。