ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

駅再開発で再び脚光 ベルンに野生のサイがいた?

サイの化石

(Natural History Museum of Bern / LIsa Schäublin)

再開発中のベルン駅で、工事現場を日々見守っている人たちがいる。ベルン自然史博物館他のサイトへの古生物学者だ。現在工事中の地層で約150年前、古代のサイの化石が発掘された経験から、研究者たちは「2匹目のドジョウ」ならぬ「2頭目のサイ」を狙っている。

自然史博物館に現在展示されているサイの頭蓋骨(ずがいこつ)は、亜熱帯気候だった約2千万年前に生息していたものとみられている。サイがこの地域にいたことを示す貴重な化石だ。化石はベルン駅そばのティーフェナウ通りの敷設工事現場で、作業中の服役者が見つけた。

スイスで2番目に大きいベルン駅の再開発は2025年までに終了する予定。工期中、博物館職員が工事現場を発掘調査し、その模様をハッシュタグ「#bahnhofsnashorn」(駅のサイ)を付けてホームページやソーシャルメディアで発信する。サイの頭蓋骨は18年3月末まで、同博物館の特別展で見ることができる。

(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×