Navigation

ペインウェーバーの株主、UBS買収を支持

米投資銀行ペインウェーバーの株主総会は、スイス銀行のUBSグループによる買収を圧倒的多数で承認した。(写真:左・オスペルUBS総裁、右・マーロン・ペインウェーバーCEO)

このコンテンツは 2000/10/24 15:06

米投資銀行ペインウェーバーの株主総会は、スイス銀行のUBSグループによる買収を圧倒的多数で承認した。(写真:左・オスペルUBS総裁、右・マーロン・ペインウェーバーCEO)

24日UBSが発表した声明によると、買い付け額108億ドル(162億スイスフラン)のペインウェーバーとの合併は、法的手続きが完了する11月に施行される。また、ペインウェーバーとUBS双方の株主に対し、合併の決算期間中の透明性を最大限に保証し明白にするため、当初の予定より1ヵ月早い今週26日に、7月から9月までの3ヵ月間の経営報告をする。

UBSのマルセル・オスペル総裁は、「ペインウェーバー株主の圧倒的多数が買収を支持してくれて、大変うれしく思う。卓越したグローバル投資サービス会社の設立という我々の計画に確信を持って票を投じてくれた株主に感謝する。」スピーチした。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。