Navigation

広がるスイスのデジタルディバイド、打開のカギは教育

スイス国民の3分の1はインターネットユーザー swissinfo.ch

連邦統計局が20日に公開した資料によると、スイスのITインフラストラクチャーは整備されているが、性別、教育程度、年代によるギャップが大きいことが判明した。特にIT革命の煙bが少ないのは、大学教育を受けていない人々だという。

このコンテンツは 2001/02/21 09:30

スイスのIT投資はOECD(経済協力開発機構)加盟国の中でも群を抜いている。平均3、800スイスフランの支出額は、米国や北欧諸国の一人当り消費より大きい。が、インターネット利用はエリート層に限られる。大卒(スイスの『大学』は日本の大学3、4年+修士過程2年間に相当)の70%はインターネット利用者だが、高卒レベルでは19%に落ち込む。

統計局のカルロ・マラグエッラ部長は、問題はむしろ小学校教育にあるという。「教育制度の改革が必要だ。小学校の教育内容を変えなければならない。また、衰U教育のプログラムも必要だ。」

連邦統計局によると、2000年スイス人口の3分の1は定期的にインターネットを利用した。また、90年代半ばから情報およびコミュニケーション技術を専攻する学髄揩ヲている。が、利用度が増加する一方で、格差も顕著になってきた。14才から29才までの国民の約半数がインターネットを利用しているのに対し、50才以上は7人に1人に過ぎない。また、女性の情報・コミュニケーション技術習得者も少ない。

連邦コミュニケーション事務局のペーター・フィッシャー副部長は、デジタルディバイドは国民の貧富の差によるもので、誰もが経済的に賄えるインフラストラクチャーとサービスの供給を必要だとしながらも、「それだけでは不十分だ。人々はITの操作を学ばなければならない。それには、学校教育の場で技術習得を始める必要がある。あらゆるクラスでインターネットを必修科目にするべきだ。」と教育の重要性を語った。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。