Navigation

原発の安全性向上と廃炉

(SRF/swissinfo.ch)

このコンテンツは 2013/11/26 11:00

アールガウ州のベツナウ原発1号機は、現在稼働中の原発としては世界最古。稼働停止の時期はまだ決まっておらず、経営電力会社は安全対策などに約760億円を投資している。

一方、ベルン州のミューレベルク原発は2019年に稼働停止が決まった。解体に10年を見込んでいるが、それ以上かかるという意見も出ている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。