スイスの社内年収格差、なお143倍 最高収入はUBSの15.6億円

大手銀行UBSの最高経営責任者(CEO)セルジオ・エルモッティ氏は2017年、1420万フラン(約15億6千万円)の年収を得た。16年の1370万フランより増えた Keystone

スイスの大企業では、社内で最も年収の多い人は最も少ない人の平均143倍を得ていることが分かった。2013年に上場企業の経営者らに支払われる法外な報酬の抑制を目指すイニシアチブ(国民発議)が圧倒的多数で可決されたが、年収格差の縮小は進んでいない。

swissinfo.ch/ds

スイス最大の労働組合ウニアが国内の大企業39社について、それぞれ2017年の年収が最も多かった人と最も低かった人の格差を調べた

大手銀行UBSの最高経営責任者(CEO)は、スイス最高額の年収1420万フラン(約15億6千万円)を稼いだ。同行は年収格差も最大で、273倍もの開きがあった。

ノバルティスやロシュ、ABBの経営層は、最も年収の低い従業員の200倍以上を得ている。

39社のCEOの年収は合計で1億7200万フランになる。各種手当ても含めれば1億フランを超える。16年に比べると格差はわずかに縮小しているものの、経営幹部の年収はなお高水準にある。

≫2013年の「高額報酬制度反対イニシアチブ」では何が問われたのか?

業界別にみると、大手製薬会社(213倍)、銀行・保険(195倍)で格差が大きかった。

食品大手のネスレやリンツ&シュプルングリも164倍と差が目立った。スーパーマーケットのミグロやコープでは20倍以下と小さかった。

ウニアは「経営者の給与を制限する2013年のイニシアチブは何の変化ももたらさなかった」と指摘する。調査企の収益は全体で24%減ったが、CEOの給与は3.4%しか下がらなかった。

39人の最高年収者のうち、女性は電力会社アルピックのCEOジャスミン・スタイリン氏だけだった。同氏の給与は約200万フランで、39人中29位だった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する