ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

無人偵察機 スイス郵便、医療用物資配達ドローンの飛行を再開

ドローン

スイス郵便の配達用ドローン。2018年夏撮影

(© Keystone / Walter Bieri)

スイス郵便は15日、落下事故のため1月から中止していた医療用物資配達ドローンのサービスを再開する。

病院間で血液サンプルを輸送するために始まったサービスで、今年1月、テスト飛行の際に機体が故障、チューリヒ湖に落下した。 

>>事故について詳しく知る

スイス郵便が12日に出した声明他のサイトへによると、事故を起こした機体は「制御下での緊急着陸を行い、チューリヒ湖に着陸できた」とした。けが人はおらず、ドローンはチューリヒ市警察が回収した。

事故の発生を受け、スイス郵便は同サービスに関わる全機体の運転を一時中断した。 

スイス交通安全調査委員会(STSB)は、電気回路のショートが事故原因だったとしている。

製造元の米マッターネット他のサイトへがドローンにいくつかの修正を加え、民間航空局が正式に認可した。

安全を最優先

声明では「スイス郵便とマッターネットは、2019年4月15日からチューリッヒとルガーノ(スイス南部)の顧客向けにサービスを再開する」とした。スイス郵便は安全性が「最優先事項」だと強調している。

「医療用物資配達ドローン」はこれまでルガーノ、チューリヒ、ベルン間で3千回以上、無事故で行き来していた。スイス郵便は、医療分野における自律型・商用ドローンのパイオニアと自負。地上輸送よりも速く、柔軟で、環境に優しいとメリットを語る。

レスキュードローン

スイスの航空救助隊レガ他のサイトへは12日、広範囲にわたる行方不明者の捜索が可能なドローンを開発したと発表した。熱を検知できるサーマルカメラなど各種センサーを搭載している。 

視界不良のためヘリコプターが飛べない場合などに使用するという。

レガのエルンスト・コーレ最高経営責任者(CEO)は、航空救助、遭難者救助のため「最先端技術を継続的に使用してきた」と述べた。

Keystone-SDA/Post/Rega/ilj

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。