ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

特別支援教育

子供たち
(© Keystone/Christian Beutler)

スイスでは、障害のある子供や学習が困難な子供たちに対して包括的な教育的アプローチを取っている。才能のある子供たちや、現地の言語を話さない子供たちへのサポートもある。

法律で定められている特別支援教育は、20歳の誕生日までの影響を受けた子供に適用される。対象となる子供たちは特別な学校教育と専門家のサポートが受けられる。

障害のある子供は、フルタイムまたはパートタイムで、スイスの普通学校に通うことが珍しくない。しかし地域差はある。これは教育政策を各26州が独自に監督している他のサイトへためだ。

特定の種類の障害や学習・行動障害を専門とする特別支援学校もある。一部の州では特別支援教室を設けている。

学校でのサポート

特別支援教育は、軽度、あるいはより深刻な学習障害を持つ子供に適用される。教室では、特別支援教育の資格を持つ教師がサポートする。対象となるのは、識字能力や数学、行動、集中力、やる気などに問題を抱える子供たちだ。

言語運動療法他のサイトへ精神運動療法他のサイトへを受ける必要が生じる場合もある。

言語のニーズ

さらに、前期中等教育までの段階で、スイスの公用語を母国語としない子供たちの言語学習サポート他のサイトへもある。これは通常、週に1〜3回、追加の語学クラス(州によって異なるが、ドイツ語、フランス語、またはイタリア語)に参加する。一部の州では、入学前に一定期間、語学クラスを設けている。

イタリア語のティチーノ州では、外国語を話す子供たちの文化的アイデンティティを保護しつつ他のサイトへイタリア語を上達させることを目的としている。

才能のある子供たち

才能のある子供への支援も州によって異なる。これは飛び級制度から課外活動の指導、専門学校など多岐にわたる。教師はまた、成績優秀な生徒に追加の課題を与えることができる。しかし、才能のある子供たちへの支援は、一部の学校では優先事項にすぎず、そのための資金の規模も分かれる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。