Navigation

第30回ローザンヌ国際バレエコンクール

ローザンヌ国際バレエコンクール. Philippe Pache

第30回ローザンヌ国際バレエコンクールが1月27日から2月3日まで、ローザンヌ・ボーリュ劇場で開かれている。クラシックとコンテンポラリーの各部門で、22ヶ国から100人以上の参加者が技と美を競う。一般公開される決勝は2月2日と3日。ローザンヌ賞(金賞)受賞者の発表は最終日の3日。

このコンテンツは 2002/01/28 10:20

審査の対象となるのは、舞踊だけではない。参加者の健康状態も大きな比重を占めると言う。舞踊家として成功するには、けがなどのリスクと過酷なスケジュールによる過労に打ち勝つ体力が最も大事な要因の一つだと、コンクールを主催するローザンヌ国際バレエコンクール舞踊振興財団のパトリシア.レロイ事務局長はいう。コンクール期間中、舞踊家の健康に関するセミナーが計画されている。主催者らは、舞踊家達にプロとして健康へのリスクの大きさを認識し、もっと注意を払ってほしいという。セミナーでは、「バランスの取れた効果的な練習」をテーマに、より高度なパフォーマンスと長いキャリアを目指す効率良いトレーニング方法を研究する。

フィリップ・ブロインシュヴァイグとエルヴィエ・ブロインシュヴァイグがローザンヌ国際バレエコンクールを創設したのは1972年。以来、約3000人のダンサー達が若手登竜門に挑んだ。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?