赤十字国際委員会 コロナでリストラへ

ジュネーブにある赤十字国際委員会(ICRC)の本部 Martin Ruetschi

赤十字国際委員会(ICRC)は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による財政難を理由に95の役職を削減する。60人が影響を受ける見通しだ。

このコンテンツは 2020/09/18 10:56
RTS/SRF/sb

ICRCは18日、2020年の財政赤字が130万フラン(約1億4300万円)に上る見通しだと公表。現在、総額2500万フランのコスト削減計画を策定中で、その中に人員削減策も含まれる。ICRCによると、95の役職を削減し、60人が影響を受ける。ただこの中には退職者も含まれるという。

ICRCの人員削減計画は、フランス語圏のスイス公共放送(RTS)が報じた。RTSによると、ICRCは年間予算22億フランの資金調達が困難になっている。パンデミックにより人道援助の必要性が高まる一方で、資金源の寄付金が減少しているという。

現在、ICRCのジュネーブ本部には1千人、国外では2万人のスタッフがいる。

ICRCの広報担当はRTSに対し、「我々は非常に困難だが必要な決断に直面している。スタッフの懸念を過小評価せず、失業を最小限に抑えるよう努力する。関係するスタッフを最大限支援する」と話した。

また「こうした措置を取ることによってのみ、私たちは武力紛争の犠牲者の支援・保護が続けられる。ICRCは約160年前の創設以来、多くの世界的危機に対処してきた。我々の価値観と原則に忠実であり続けながら、不確実性の中でこの危機も克服できると確信している」と述べた。

国際機関の財政問題

他の国際機関もパンデミックで財政難に陥っている。国連ジュネーブ事務局は「極めて困難な財政状況」に直面していると言う。

同事務局は「一部加盟国による分担金の不払いや支払いの遅延が積み重なり、深刻な流動資金不足につながっている。このため国連は組織全体で資金調達のレベルや時期に制限をかけ、採用凍結せざるを得なくなった」と説明している。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する