Navigation

チューリヒで学生起業家クラブが街頭実験

Twitter / Gregory Inauen
このコンテンツは 2017/10/09 14:30

3チーム、4日間、3立方体。スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)の起業家クラブが週末、チューリヒのあちこちである実験をした。

実験のタイトルは「The InCube Challenge(立方体の中で課題解決)」。テーマは①新しい技術が将来の教育をどう形成するか②移動手段の多様化に向けたアイデア創出③金融業界とデジタルとの融合への影響――の3つ。参加者はボランティアでガラス張りの仮設の「会議室」に缶詰になり、これらのテーマについて頭をひねった。仮設会議室はETHの敷地内の「ポリテラッセ」、中心街にあるパラーデプラッツとチューリヒ中央駅の近くの3箇所に設置された。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。