Navigation

鍾乳洞に取り残された8人、無事救出 けが人なし

Keystone

スイス中部シュヴィーツ州にある欧州最大規模の鍾乳洞へールロッホ(Hülloch)で、内部の水位上昇により外に出られなくなっていた男性8人が26日未明、全員救出された。スイス公共放送(SRF)が報じた。いずれもけが人はいない。

このコンテンツは 2018/01/26 09:43

>>男性8人が鍾乳洞に取り残される

SRFによると、内部に取り残されていたのはガイドを含む25~55歳のスイス人8人。20日に洞窟に入り、内部を探索中に突発的な洪水が発生、経路がふさがれ外に出られなくなった。荒天の影響で救出作業は今週末を予定していたが、予想より早く水位が下がったため、専門の救出チームが25日夜に出動した。8人は全員帰宅したという。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。