Navigation

ベルンの旧鉄道トンネル、コウモリ専用に存続

Pro Natura/Dietmar Nill
このコンテンツは 2017/09/19 16:30

2018年にトンネルとしての役割を終えるロスホイゼルン旧鉄道トンネル(ベルン州ミューレベルク)が、コウモリなど野生動物専用トンネルとして維持されることが決まった。

ドイツ語圏の日刊紙NZZによれば、全長1910mのトンネルの出入り口には柵が立てられ、コウモリなど野生動物は柵の間からトンネルに入ることができる。

同トンネルはベルンからヌーシャテルを経由し、パリ方面へとつづく鉄道路線の一部。隣に並行して建設された新トンネルは18年に開通予定。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。