Navigation

星空の下で映画上映を待つ

ヨーロッパ最大の巨大スクリーンとルネッサンス様式の建物に囲まれたロカルノ市の真ん中、ピアッツァ・グランデ(Piazza Grande)広場。ロカルノ映画祭の中心役を果たすこの野外映画場には毎晩8000人の観客が集まる。

このコンテンツは 2012/08/06 18:52
swissinfo.ch

映画祭がスタートしたころは人々の関心も薄かった。だが、25年後の1971年に大型スクリーンが設置されるや大きな賑(にぎ)わいを見せるようになる。今や高さ14メートル、幅26メートルのスクリーンはロカルノのシンボルだ。その設置作業には1ミリのずれも許されない。冷気、ちょっとした見落とし、作業員の汚れた手や爪など、わずかなことが大きくひびく。スイスインフォはこの組立作業を見つめた(クリストフ・バルジガー & ステファニア・ズマーマッター、swissinfo.ch))

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。