ILO総会開幕 職場のセクハラ、男女の賃金格差是正が焦点

ILO総会で開会の演説を行ったスイスのアラン・ベルセ内務相 © Keystone / Laurent Gillieron

国際労働機関(ILO、本部ジュネーブ)の年次総会が10日、スイス・ジュネーブで始まった。スイスのアラン・ベルセ連邦内務相は開会演説で、加盟国が男女の賃金格差是正に向け更なる努力を講じるよう呼び掛けた。総会では職場でのセクハラや暴力を禁止する初めての国際条約が制定される見通しだ。

このコンテンツは 2019/06/11 10:44
Keystone-SDA/jdp

14日には、全国各地で男女の賃金格差是正を求める大規模なストライキが行われる予定。

ベルセ内務相は、労働組合と使用者、政府の3者代表が労働の国際基準を決めるILOの構造に触れ「仕事の将来のためには、強力な多国間主義に代わるものはない」と述べた。

ベルセ氏はまた、デジタル時代における働き方の変化にも言及し「各国間の公正な競争を確保するためには、共通の基準がこれまで以上に必要だ」と述べた。総会では、デジタル時代の仕事のあり方を規定した「100周年宣言」が採択される見通し。

ベルセ氏はさらに、女性に「公平で適正な賃金」を保証する必要性を強調。ILOやUN Womenなどで作る「平等賃金のための国際連合体(EPIC)」への参加を呼び掛けた。

スイス連邦議会は昨年、100人以上の従業員を持つ企業に対し、賃金の報告を義務付ける改正男女平等法を可決。最新の統計によると、スイスの男女間の賃金格差はここ最近、横ばいだ。2012年は男性の賃金が女性よりも19.5%高かったのに対し、2016年は19.6%だった。

1919年創立のILOは、国連の中で最も古い特別機関。これまで労働基準に関する190本以上の条約と200本以上の勧告を採択した。

ブラックリスト

一方、ILOは5月、特定の労働条約に違反したとしてスイスをILOのブラックリストに加えた。 ILOは、労働組合で活動する被雇用者の権利が十分に保護されていないという。

法律や団体協約に適合した合法的な労働組合活動に参加し、それを理由に解雇されることはスイスの法律で禁じられている。しかしILOは、不当解雇の慰謝料が賃金の最大6カ月分とする措置が不十分だと指摘する。現在ブラックリストには約40カ国が載っているが、総会期間中に25カ国に減る見通し。

ILOは、上級管理職の男女間賃金格差を調べた調査で、スイスはジェンダーギャップが最も大きい国の1つと位置付けた。欧州、中央アジアで女性管理職の方が男性管理職より賃金が低いのはイタリア、カザフスタン、イスラエルだけだった。


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する