スイスの視点を10言語で

ウクライナ復興に向けた「ルガーノ・プラン」

ウクライナの再建作業
Avalon All Rights Reserved.

スイスは今日、国際政治の大舞台に躍り出る。世界中の人々を南部の街ルガーノに招き、ウクライナの復興計画を練る。戦争で荒廃したウクライナをどうやって復興するのか?復興計画を通じてスイスは何を成し遂げたいのか?

スイスには莫大な額のロシア資産が保管されている。それを没収し、将来ウクライナの再建に使っていくことはできるのか?またそうするべきなのか?こうしたアイデアは国際的に広く議論されており、スイスでも連邦議会で提起されている。しかしその背後にある「正義」を突き詰めると、別の疑問が頭をもたげる。果たして没収は法治国家たるスイスと相容れるものなのか、と。この点についてswissinfo.ch日本語編集部のムートゥ朋子記者が専門家に意見を聞いたところ、その結論は「スイスの金融業界に大きな打撃を与える」というものだった。一方で、国際的に協調できれば影響は小さくなる可能性もある。

おすすめの記事
拍手を浴びるウクライナのゼレンスキー大統領

おすすめの記事

オリガルヒ資産の没収案 スイス金融業界にダメージ?

このコンテンツが公開されたのは、 米欧で、ロシアのオリガルヒ(新興財閥)の資産を没収してウクライナの復興に充てるよう法整備に乗り出している。中立国を看板に世界の富裕層から資産を預かっているスイスの金融業界には新たな火種となりそうだ。

もっと読む オリガルヒ資産の没収案 スイス金融業界にダメージ?

7月4~5日にルガーノで開催されるウクライナ復興会議では、資金源は副次的な議題に過ぎない。主題となるのは復興費用の金額ではなく、「誰がやるのか」「どうやってやるのか」という基本的な問題だ。何が必要なのか、いつから復興に取り組むべきなのか、と言ったこともテーマになる。

「ウクライナ復興会議」は、バイエルンで開催された主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)、マドリードの北大西洋条約機構(NATO)サミットに続く一大イベントだ。ルガーノへの参加者はG7やNATO、そしてスイスが期待するほどビッグネームではないが、将来のあらゆるウクライナ復興策がこの会議を起点に進むかもしれない。

会議を主催するのはスイスのイグナツィオ・カシス大統領。ルガーノ出身の同氏は、第二次世界大戦後の欧州再建策を描いた「マーシャルプラン」に相当する「ルガーノ宣言」を会議末にまとめたいと考えている。実現すればルガーノは歴史に名を残す街となる。つまりスイスの名声と世界政治における存在感がかかった会議なのだ。

おすすめの記事

おすすめの記事

スイス、7月にウクライナ復興会議を主催

このコンテンツが公開されたのは、 スイスは7月初め、ウクライナの復興をテーマとする国際会議を主催する。議題と参加者リストの選定が進行中だ。だがうまく国際合意を得られるかどうかは未知数だ。

もっと読む スイス、7月にウクライナ復興会議を主催

ウクライナに関して問題になっているのはそれだけではない。ウクライナの国連開発計画(UNDP)に勤めるマナル・フアニ氏は「ニーズが非常に多いと、優先順位を協議するのは難しい」と話す。同氏はswissinfo.ch英語編集部のジュリア・クロフォード記者の取材に最優先課題は戦争を終わらせることだ」と強調。クロフォード記者は他の識者と共に、復興に当たっての課題を探った。

おすすめの記事

ウクライナでは病院や道路などインフラが壊されただけではなく、社会も揺らいでいる。同国には他の国々が復興資金を提供するのをためらうような実態がある。NGOトランスペアランシー・インターナショナルの調べによると、ウクライナは欧州で最も汚職がはびこる国だ。それはルガーノ会議でも議題となる可能性がある。

ウクライナ復興計画の土台を作るというスイスの野望が実現すれば、調停役としてのスイスの歴史が新たな章を迎える。スイスは近年、国際紛争における仲介者としての地位確立に注力してきた。多国間主義の中心地ジュネーブを抱え、中立を全方位外交の看板に掲げている。しかし今、中立の定義を見直す動きが出ている。スイスはウクライナと共に西側諸国に歩調を合わせる。カシス大統領はこれを「協調的中立」と表現した。

Illustration Aussenpolitik

おすすめの記事

スイスはどれくらい中立なのか?

他国が伝統的中立に別れを告げる一方、スイスは自身の特別な役割に強くこだわる。だがそのスイスもまた、伝統的中立の概念から遠ざかり、新たな課題に直面している。

もっと読む スイスはどれくらい中立なのか?

ルガーノ会議はスイスにとって大きなチャンスだ。一方、銀行の国スイスには金の亡者というイメージがつきまとう。ルガーノには300人のロシア人が住み、億万長者も少なくない。ロシアとウクライナの鉄鋼取引の中心地でもある。

おすすめの記事
In einem Stahlwerk

おすすめの記事

鉄鋼取引の中心地ルガーノ、対ロ制裁の影響は?

このコンテンツが公開されたのは、 スイス南部に位置するティチーノ州は、東欧産の鉄鋼取引で世界的な中心地だ。ロシアのウクライナ侵攻と対ロ制裁の影響はここにも及んでいる。現地の様子を取材した。

もっと読む 鉄鋼取引の中心地ルガーノ、対ロ制裁の影響は?

ルガーノのミケーレ・フォレッティ市長はスイス紙で、ロシア企業は同市に年900万フランの税収をもたらしていると明かした。ここで次の疑問が浮かぶ。ロシアへの制裁に関して、スイスは十分に対応しているのか?後れを取っていないのか?swissinfo.ch英語編集部で金融担当のマシュー・アレン記者がその答えを探った。

おすすめの記事
制裁措置が十分かどうか、スイスは国内外で批判にさらされている

おすすめの記事

スイスの対ロ経済制裁は十分?

このコンテンツが公開されたのは、 スイスに対し、制裁対象のロシア資産を徹底的に取り押さえるよう求める国際的な圧力は日に日に高まっている。改善の余地はどれほどあるのか?

もっと読む スイスの対ロ経済制裁は十分?

アレン記者は記事で「スイスの銀行は数年をかけて対ロ制裁の適用の仕方を学んできた。だがその間に、ロシア政府と関係の深いオリガルヒ(新興財閥)たちは制裁の回避方法を編み出してきた」と指摘した。スイスは何をどう改善すべきなのか?下の意見交換コーナーでは世界の読者と意見を交わすことができる。

おすすめの記事

10言語で意見交換
担当: Matthew Allen

ロシア資産を追跡・凍結するために、スイスには他にどんな手段があるでしょうか?

世界で最も巨額のオフショア(国外)資産を預かるスイスは、国際社会の一員として責任を果たしていると思いますか?

議論を表示する

制裁の回避をめぐっては、スイスには世界有数の保税倉庫がある。スイスは海洋から200キロメートル離れており、国際貿易港はバーゼルにしかない。しかしスイスには通関併設の保税倉庫が7カ所、通関のない保税倉庫が174カ所あり、いずれも当局の監視下で関税を支払わずに高額商品を保管・移動できる。フリーランスのオリビア・チャン記者は、これらの施設がどう制裁回避に使われうるか、仕組みを解説した。

おすすめの記事
freeport geneva

おすすめの記事

対ロ制裁でスイスの保税倉庫に厳しい目

このコンテンツが公開されたのは、 ロシアによるウクライナ侵攻を機に、世界各地の保税倉庫への風当たりが強まっている。特に秘密厳守を売り物にしてきたスイスの保税倉庫には、制裁対象の資産が隠されているとの疑惑が強い。

もっと読む 対ロ制裁でスイスの保税倉庫に厳しい目

swissinfo.chはルガーノ会議で行われる議論を現場からお伝えしていきます。ご期待ください!

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部