Navigation

スイス モデルナ製ワクチンの新製造工場を承認

ロンザの新工場に整備された抗体生産ライン Keystone / Olivier Maire

スイスの医薬品承認機関スイスメディック(Swissmedic)は、米モデルナ製の新型コロナウイルス感染症ワクチン原薬を生産しているバイオ医薬大手ロンザに対し、新たな製造拠点の申請を承認した。

このコンテンツは 2021/03/16 12:13
swissinfo.ch/sm

工場はスイス南部ヴァレー(ヴァリス)州フィスプにある。スイスメディックが立ち入り検査し、ライセンスを発行した。

ロンザは昨年、モデルナとの間で、同社製ワクチン年間最大10億回分を受託生産する10年契約を締結。スイスメディックが今年1月、ロンザの第1号となるワクチン原薬製造工場「アイベックス・ソリューションズ(Ibex®Solutions)」を承認した。既に1つの製造ラインがフル稼働し、さらに2ラインが間もなく利用可能になる予定。

企業がスイス国内で医薬品・移植関連製品を生産供給する場合はスイスメディック発行のライセンス他のサイトへが必要。申請企業は製品の品質を保ち、それを常時監視するのに必要なプロセスやリソースを自社が備えていることを証明しなければならない。


このストーリーで紹介した記事

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。