Navigation

スイス 米J&J製コロナワクチンを一時的に承認

ファイザー/ビオンテック製、モデルナ製に続きスイスで承認されたジョンソン・エンド・ジョンソン製の新型コロナウイルス感染症ワクチン Keystone

医薬品規制機関スイスメディック(Swissmedic)は22日、米製薬・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルス感染症ワクチンの使用を承認した。国内で承認されたワクチンはこれで3種目。ただスイスは同ワクチンを購入していない。

このコンテンツは 2021/03/23 14:09
Keystone-SDA/Reuters/sb

スイスメディックの発表他のサイトへによると、承認したのはJ&Jグループの米ヤンセンファーマが開発した1回接種型のワクチン。18歳以上を対象に、一時的に使用を認める。

J&J製ワクチンは既に米国、カナダ、欧州連合(EU)で承認済み。米国では供給が始まったが、欧州では早くても今年の第2四半期になる見通しだ。

スイスは昨年、第一陣のワクチン購入計画を進める段階で、供給時期の遅さを理由に同ワクチンを候補から外した。連邦保健庁公衆衛生局のノラ・クロニク副局長は最近、同ワクチンが国内で供給可能になるのは秋以降になるため、現時点では使用を考えていないと発言他のサイトへしている。

スイスメディックによると、提出された臨床試験データでは、被験者の年齢層で平均66.9%の有効性が確認された。

また、臨床試験のデータからは「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症・重篤化が(約85%のケースで)防げるほか、ブラジル・南アフリカで確認された変異株(SARS-CoV-2変異株)にも効果があった」ことが示されたという。

J&J製ワクチンは接種が1回で済み、超低温冷凍が必要ないため保管や輸送を簡素化できるのが特徴。スイスメディックによると、保管温度は摂氏マイナス25~マイナス15度で、冷凍輸送か、解凍後に2度~8度で輸送する。解凍後でも未開封であれば冷蔵庫で最大3カ月保管できる。

スイスメディックは同ワクチンの仕組みについて「新型コロナウイルスのスパイクタンパク質を作る『設計図』を含んだヒトのアデノウイルス(風邪ウイルス)がベースになっている。これが、ヒトの免疫細胞でウイルスに対し望ましい免疫反応を引き起こす基礎を形成する」と説明した。

ワクチン不足で接種に遅れ

スイス連邦政府は860万人の人口に対し、米ファイザー/独ビオンテック、米モデルナ、英アストラゼネカ、独キュアバック、米ノババックスの5社との間で約3600万回分のワクチン供給を契約済み。スイスメディックはこのうちファイザー/ビオンテック製、モデルナ製の2種の使用を承認した。アストラゼネカ製は承認審査中。

スイスのワクチン接種は昨年末に始まった。政府は1日最大7万本のペースで、夏までに人口の約7割に当たる600万人に、任意で投与を終えたい考え他のサイトへだ。各州がワクチン接種に必要なインフラ整備を進める一方、連邦政府はワクチン不足のため接種の進捗状況が「不十分」と認めている。

今年1月、スイス公共放送協会(SRG SSR)が実施した世論調査では、回答者の41%がワクチン接種をすぐにでも受けたいと答えた。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。