Navigation

バーゼル、スイス内で最も大気汚染度の高い都市に

スイスで自動車の排出ガスから生じる亜酸化窒素の量は少ない © Keystone / Gaetan Bally

欧州の1000都市以上の都市の大気汚染度ランキングで、バーゼルなどスイスの主要都市は改善の余地が大きいことが示された。

このコンテンツは 2021/01/20 13:58
swissinfo.ch/ac

バルセロナ・グローバルヘルス研究所がスイス熱帯公衆衛生研究所(TPH)やユトレヒト大学と共同で、欧州の1000都市超の汚染物質を調べ、死亡リスクのランキング他のサイトへを20日に発表した。

微粒子状物質(PM2.5)と二酸化窒素(NO₂)の2種類の汚染物質を調べた。NO₂は主に自動車の排気ガスに含まれる有毒ガス。PM2.5は産業、家庭用暖房、石炭や木材の燃焼など、他の燃料からも排出される。 

外部リンクへ移動

PM2.5の測定値によると、スイスではバーゼル(468位)、ヴィンタートゥール(481位)、ジュネーブ(490位)、ビール(497位)で死亡リスクが高い。NO₂汚染ではスイス都市の順位はさらに悪く、バーゼル(91位)とチューリヒ(94位)の2都市が上位100位に入った。

外部リンクへ移動

欧州でNO₂に由来する死亡リスクが最も高いのはスペイン、ベルギー、イタリア、フランスの大都市だった。PM2.5 ではイタリア、ポーランド、チェコの死亡リスクが高い。最も安全な都市にはアイスランド、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーなど北欧諸国が並んだ。 

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。