スイスの視点を10言語で

アッペンツェル、新観光戦略で脱マスツーリズムへ

Appenzell cliff-face guest house
標高1450メートルにあるゲストハウス「Äscher-Wildkirchli」。2015年にナショナルジオグラフィック監修の世界の名所を紹介する本で紹介され、一躍有名となった Keystone / Melanie Duchene

スイス北東部のアッペンツェル・インナーローデン準州は観光地としてとても人気がある。ただ、観光客の増加に伴う弊害も顕在化し、関係者から改善を求める声が上がっている。 

同州の人口はわずか1万6千人だが、昨年は180万人の観光客がこの地を訪れた。ほとんどは日帰りのハイキング客で、ゼーアルプ湖や、世界的に有名なゲストハウス「Äscher-Wildkirchli」を目的地としていた。 

世界から観光客が集まるスイスの「崖っぷちホテル」

インスタグラムをはじめとするSNSの普及やアウトドア人気の高まりが近年の観光客増加を後押ししたとみられる。同州の観光収入は年間約1億2500万フラン(約180億円)で、6人に1人が観光業に従事している。 

しかし、駐車場の混雑や交通渋滞、ごみの増加など、キャパシティを超える観光客の増加に伴う弊害も顕在化し、関係者から改善を求める声が上がっている。 

州議会は29日、州政府が策定した観光戦略計画を基に、観光の限界について討議を行った。同戦略には15の施策が盛り込まれ、そのうちの2つは日帰り客を減らし、長期滞在客を増やすことを目的としている。同計画の施行には、議会の承認が必要となる。 

同州行政府の代表を務めるローランド・デーラー氏はドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)の取材に対し、「すべてのものには限界がある。観光と自然の健全なバランスを見つけるのが私たちの仕事だ」と語った。 

スイスでは、新型コロナウイルス感染症の流行を機に、さまざまな地域で観光戦略の見直しが行われている。

ルツェルン、Airbnbの宿泊日数制限を可決 住民投票で

おすすめの記事

10言語で意見交換
担当: Veronica DeVore

体験談募集:観光公害に苦しむスイスの人気観光地はどうすべき?

「オーバーツーリズム」に遭遇して嫌な思いをしたことはありますか?こうした問題には、どのような対策をとるのが効果的だと思いますか?

4 件のいいね!
63 件のコメント
議論を表示する

バスツアーやアジア人観光客に人気のルツェルン市は、マスツーリズムからの脱却を図るため、観光戦略計画「ビジョンツーリズム2030」を策定。スイスや欧州からの観光客や会議参加者、長期滞在者などの誘致に力を入れ始めている。

英語からの翻訳:大野瑠衣子 

人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究
ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部