ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ヴァンデ・グローブ2016-2017 世界一周ヨットレース スイス人が最年少で完航

ヨットから手を振るルーラさん。2016年11月6日撮影

ヨットから手を振るルーラさん。2016年11月6日撮影

(Marin Avram/alanroura.com)

過酷な条件で世界を一周するヨットレース「ヴァンデ・グローブ」。ジュネーブ出身のアラン・ルーラさん23歳が、同レースを最年少で完航した。

 ルーラさんは厳しい気象条件の下、地球の南半球を単独で、外部からの援助を受けることなく、無寄港で106日間航行。昨年11月6日にフランス西部レ・サーブルス・ドロンヌを出発し、アフリカ大陸最南西端の喜望峰、インド洋を通り、南極海のドレーク海峡を通過して4万5063キロメートルを航走。今月20日9時12分にスタート地点のレ・サーブルス・ドロンヌにゴールした。12位だった。優勝したフランス人のアルメル・ルクレアクさんは、74日3時間35分46秒で航海していた。 

外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「12位。面白いことに、自分自身との競争でした。この結果を誇りに思っています。」と語るルーラさん。今回のレースには、17年前の中古ヨットでレースに挑んだという。

swissinfo.ch

×