Topic Page

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

製薬大国の悩み なぜ裕福な国スイスでワクチンが不足しているのか?

スイスでは今、16種類の主要ワクチンが在庫不足に陥っており、医師たちは対応に迫られている。世界で最も裕福な国の一つに数えられるスイスが陥ったワクチン在庫不足の原因、そしてこれまでの国の対策について探った。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

性の多様性 ― LGBTIQを語る 「『普通の人』なんていないことを分かって欲しい」 クィアに生まれ変わるまで

自分は女性であると感じ、社会からも女性として受け入れられたい ― それを勝ち取るためにステラ・グリッターさん(68)はずっと戦ってきた。トランスジェンダーでクィアであるグリッターさんは、社会の枠組みから外れた人間でもありのままの姿でいられる自由な社会が夢だという。

「最後の事件」の舞台、スイス・マイリンゲン 翻訳者、東山あかねさんが想像したシャーロック・ホームズ像

​​​​​​​ 英国の小説家アーサー・コナン・ドイルは19世紀末、スイス中部にある小さな町マイリンゲンを訪れ、水が轟き落ちる偉大なライヘンバッハの滝つぼを見て、名探偵シャーロック・ホームズのクライマックスをこの場所に決めた。そして1893年にこの滝を舞台にした『最後の事件』を出版した。 ...

アルプスの野生動物 ツェルマットの村にマーモットが出没、民家に被害

マッターホルン登山の拠点となるヴァレー州ツェルマットで、アルプスに生息する野生のマーモットが人里に下り、民家の壁をかじったり農地に穴を掘ったりするなど被害が出ている。地元自治体は被害の拡大を防ぐため駆除に乗り出したが、かわい...

ベストタレント賞受賞アーティスト スイスのインディーズバンドYOKKO 音楽シーン席巻

スイスの音楽シーンをにぎわせているインディーズバンドがある。その名もYOKKO。美しいメロディーラインと力強いボーカルを武器に、結成からわずか3年で国内の主要なミュージックアワードを受賞、活動の拠点をスイス国外に広げるなど活躍している。バンド名は、実は日本からインスピレーションを得たという。 ...

2017年9月24日の国民投票 あなただったらどう投票しますか?

24日は、女性の定年年齢の引き上げや食料安全保障の是非を問う国民投票がスイスで行われます。年金や食の安全について国民が判断する重要な節目になります。もしあなたが投票権を持っていたとしたら、どう投票しますか?

スイス原産の大型犬 セント・バーナードの子犬、今年は32匹 記録更新

スイス南西部ヴァレー州マルティニにあるセント・バーナード犬の繁殖施設「Fondation Barry」で今年生まれた子犬が32匹を数え、記録を更新した。 セント・バーナードはスイス原産の大型犬で、救助犬として有名。イタリア国境のサン・ベルナール峠にある修道院の修道士たちが、 ...

アルプスの野生動物 マーモット

アルプスに生息するリス科の動物マーモット。丸々とした顔はポストカードになり、脂肪は人間用の軟膏に使われる。スイスの無料紙ブリックはマーモットの肉を使ったレシピを紹介。味はウサギに近いのだそうだ。

2017年9月24日の国民投票 女性の定年年齢、スイスは64歳 各国は?

スイスでは24日、年金制度改革案「老齢年金2020」などの是非を問う国民投票が行われる。改革案の中でも議論の中心になっているのが、女性の定年年齢を現行の64歳から65歳に引き上げる案だ。欧州各国の女性の定年年齢を比べると、ス...

メディアと民主主義 メディア業界に激震 14紙で主要ニュースを一本化

スイスのメディア企業最大手・タメディア(Tamedia)は8月23日、傘下の新聞14紙の編集部を2つに統合すると発表した。

2017年9月24日の国民投票 第2回世論調査 年金制度改革案、賛否が拮抗

今月24日の国民投票にかけられる三つの案件について、世論調査機関gfs.bernが行った2回目の世論調査結果が13日判明した。

墜落事故 スイス空軍の練習機が山に墜落、パイロット死亡

スイス中部のベルン州グリンデルワルトのシュレックホルン山(4078メートル)で12日、飛行中だったスイス軍の軍用練習機PC-7が山頂付近に墜落。軍は同日午後、パイロット一人の遺体が墜落現場から見つかったと発表した。

仮想通貨投資 仮想通貨ブーム 便乗狙うスイスの「スーパーリッチ」

スイスで仮想通貨を扱っているのは主に専門業者だが、超富裕層の投資家や、主要銀行数社を含む機関投資家も増加中だ。

ランドアート スイス・モントルーの山に巨大な女の子の絵が出現

スイス西部レマン湖畔のモントルーに程近いロシェ・ド・ネイユ山の斜面に10日、本を読む女の子を描いた巨大なランドアート「未来の物語(A story of the future)」がお目見えした。