ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

世界大学ランキング スイス連邦工科大10位 日本は東大が過去最低46位

昨年より順位を一つ落とし、10位にランクインした連邦工科大学チューリヒ校

(Keystone)

 英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションは5日、今年の世界大学ランキングを発表した。1位は英オックスフォード大(昨年1位)で、2位は英ケンブリッジ大(同4位)、3位は米カリフォルニア工科大(同2位)と米スタンフォード大(同3位)の2校だった。日本で最も順位の高い東京大は昨年の39位から大幅に順位を落とし過去最低の46位、京都大は74位(同91位)だった。

 ランキングの1~20位は、スイスの連邦工科大学チューリヒ校(10位)を除き英国、米国の大学が独占。アジア圏ではシンガポール国立大の22位が最高。中国の北京大が27位、精華大が30位だった。

 スイス国内の大学では、スイスは連邦工科大学ローザンヌ校が38位、バーゼル大が95位、ベルン大が105位、ジュネーブ大が130位、チューリヒ大が136位だった。

 世界大学ランキングは教育力、研究力などの指針を元に毎年発表されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×