Navigation

オオカミに危機が

保護動物の狼に強敵現る。

このコンテンツは 2010/09/30 08:51

スイスでは、絶滅の危機にあるオオカミの保護が緩められつつある。スイスは環境保護に関するベルン条約に署名し、オオカミの保護に同意した。だが、農家の人々やハンターは、オオカミの餌食となる家畜の数が増加しているため憤慨しており、オオカミの保護規制を緩めようとしている ( ジュリー・ハント、swissinfo.ch/SF )

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。