スイス連邦鉄道、時間厳守を約束

スイスの鉄道は欧州一、時間に正確だと言われているが… © Keystone/Christian Beutler

運転士、車両不足の問題を抱えるスイス連邦鉄道は、今後は時刻通りの運行に向け体制を改善していくと約束した。

このコンテンツは 2020/01/13 10:13
swissinfo.ch/ug

スイス連邦鉄道の経営陣は、列車の遅延と座席数の不足に関し利用者からの苦情が増えているとコメント。カスタマーインフォメーションを改善し、電車の出発に関するルールを緩和すると述べた。

経営陣はまた、スイスの列車は欧州で最も時間に正確だが、運行システムは限界ぎりぎりの部分があるとも語った。

最高経営責任者(CEO)のアンドレアス・マイヤー氏は2019年10月に行われた記者会見で、顧客の要求と安全性の適切なバランスを見つけることは容易ではないが、「連邦鉄道にとっては安全性が最優先」と語った。

連邦鉄道はここ数年、新型2階建て車両や建設プロジェクト、架線の保守工事の遅れに加え、今年初めには車掌が列車ドアにはさまれたまま列車が出発、車掌が死亡する事故が起きた。

専門家は、連邦鉄道は時間厳守と信頼性など、スイスの価値の象徴と見なされていると指摘する。

スイス鉄道は時間通りで安全か?

(この記事は2019年10月に英語版で配信されたものです)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する