Navigation

映画「エイリアン」のスイス人アーティスト H.R.ギーガーさん死去

Keystone

映画「エイリアン」のデザインとセットを手掛けたスイス人アーティスト、ハンス・ルドルフ・ギーガーさんが13日、死去した。74歳だった。前日の12日、転落事故により病院へ搬送されたのち亡くなったと、スイス国営放送(SRF)が報じた。

このコンテンツは 2014/05/13 14:29
swissinfo.ch, swissinfo.ch

ギーガーさんは1940年生まれで、スイス・クール出身。チューリヒで建築と工業デザインを学んだ。1960年代頃からイギリスのロックバンド、エマーソン・レイク・アンド・パーマー(ELP)をはじめとする音楽バンドのレコードジャケットなどを手掛けた。

1979年に公開されたリドリー・スコット監督の映画「エイリアン」に登場する、地球外生命体エイリアンの「産みの親」として、その名を不動のものにした。1980年のアカデミー賞で視覚伝達効果賞を受賞している。

陰影が強く、性的要素や残酷さのある、その奇怪な作品にはファンも多く、映画をはじめとする、さまざまなアートに影響を与えた。近年はチューリヒに住み、制作活動を続けていた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。