Navigation

馬術障害飛越団体、スイス銀メダル

馬術障害飛越団体で、スイス(マルクス・フッス、ベアト・ミュンドリ、レスリー・マックノート、ウィリ・メリガー)が銀メダルを獲得した。(写真:フッス選手と愛馬ティンカズ・ボーイ)

このコンテンツは 2000/09/28 11:36

馬術障害飛越団体で、スイス(マルクス・フッス、ベアト・ミュンドリ、レスリー・マックノート、ウィリ・メリガー)が銀メダルを獲得した。(写真:フッス選手と愛馬ティンカズ・ボーイ)

スイスは伝統的に馬術は強い。アトランタ五輪でも、メリガーが個人障害飛越で銀メダルを取った。が、団体では、1924年にオリンピック種目として採用されて以来、初めてのスイスのメダル獲得となった。金のドイツは、過去4回のオリンピックで3回金を取っている。銅はブラジル。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?