Navigation

中国の花器が500万フランで落札、評価額の1万倍

sda-ats
このコンテンツは 2017/09/27 07:33

スイスのジュネーブで21日に行われたオークションで、中国の花器が500万フラン(約5億7500万円)で落札された。評価額は500~800フランで、それよりも1万倍近い価格が付いた。競売会社「ジュネーブ・アンシェール」が明らかにした。

競売人のオリビエ・フィショ氏はAFP通信に「手数料を入れた合計額は608万フランになる」と話した。落札者はアジア人だという。

花器は高さ60センチメートルで、黄色のベースに3匹の青い竜が描かれている。目録には、20世紀初めの作品だが、18世紀の清の乾隆帝時代を示す未確認の印付きと記載されていた。

フィショ氏によると、500万フランは貴金属・時計を除く同社のオークションで過去最高額。これまでの最高額はブロンズ製の釈迦像で、55万フランだった。

(英語からの翻訳・宇田薫)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。