ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

オークション 中国の花器が500万フランで落札、評価額の1万倍

中国の花器
(sda-ats)

スイスのジュネーブで21日に行われたオークションで、中国の花器が500万フラン(約5億7500万円)で落札された。評価額は500~800フランで、それよりも1万倍近い価格が付いた。競売会社「ジュネーブ・アンシェール」が明らかにした。

競売人のオリビエ・フィショ氏はAFP通信に「手数料を入れた合計額は608万フランになる」と話した。落札者はアジア人だという。

花器は高さ60センチメートルで、黄色のベースに3匹の青い竜が描かれている。目録には、20世紀初めの作品だが、18世紀の清の乾隆帝時代を示す未確認の印付きと記載されていた。

フィショ氏によると、500万フランは貴金属・時計を除く同社のオークションで過去最高額。これまでの最高額はブロンズ製の釈迦像で、55万フランだった。

(英語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×