スイスのプライベートバンク大手に制裁 資金洗浄違基準違反で

ベネズエラの国営石油会社PDVSA前に立つ彫刻。油井(ゆせい)を乗せた手をモチーフにしている Associated Press

スイス連邦金融市場監督局(FINMA)は、2009~2018年にマネーロンダリング(資金洗浄)対策基準を遵守しなかったとして、大手プライベートバンクのジュリアス・ベアに対し、大規模な買収を一時的に禁止する制裁処分を下した。

AP/Keystone-SDA/dos

FINMAは、同行が「金融市場法の重大な侵害を犯した」とし、「法律を完全に順守するまで、大規模かつ複雑な買収」を禁止すると述べた

FINMAはまた同銀行に対し、顧客アドバイザーの雇用管理や報酬・罰則システムの見直しといった改善措置を講じるよう命じた。

マネーロンダリング対策基準を守らなかったとFINMAが指摘したのは、2009~2018年のベネズエラの国営石油会社(PDVSA)と国際サッカー連盟(FIFA)運営組織に関連する取引。

FINMAは、同銀行が顧客の身辺調査を怠り「報酬システムは、ほぼ財務目標だけに焦点が当てられ、コンプライアンスとリスク管理目標に関してはほとんど考慮されていなかった」と述べた。

FINMAは「2014年、ベネズエラの大規模クライアントに対して7千万フラン(約77億円)の取引が行われたが、銀行側は同年にこのクライアントが汚職で訴追されていた事実を知ったにも関わらず、必要な調査を怠った」とした。

FINMAは独立した監査人を立て、同銀行の事業改革をチェックする。

ジュリアス・ベアは声明で「南米事業におけるマネーロンダリングとの闘いにおいて、不十分な点があったという(FINMAの)結論を原則として認める」とコメントした。

同行は新しい管理職の起用や過去2年間のグローバルリスク管理システムを強化するなど、すでに是正措置に着手したと述べた。今後は「持続可能な成長へのシフト」に注力していくという。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する