Navigation

スイス・モントルーの山に巨大な女の子の絵が出現

Keystone
このコンテンツは 2017/09/12 15:21

スイス西部レマン湖畔のモントルーに程近いロシェ・ド・ネイユ山の斜面に10日、本を読む女の子を描いた巨大なランドアート「未来の物語(A story of the future)」がお目見えした。

描いたのはフランス人芸術家サイプさん。ランドアートは自然素材で作られた塗料を使い、地面などに直接描いていく手法。作品の大きさは約6千平方メートルで、600リットル以上の塗料を使用した。ロシェ・ド・ネイユ山とグリオンを結ぶ列車の路線開通125周年を記念して作られた。

(英語からの翻訳・宇田薫)

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?