スイスの視点を10言語で

民主主義ニュースレター2023年5月号

Bruno Kaufmann

読者の皆様

「報道の自由」―それは自由な社会の重要な構成要素です。私たちが日々、スイスや世界各地から調査や分析、意見を読者に届けるに当たり、何をどのように書くか誰かに指示されたり制限されたりしないための前提条件を築いています。

それは情報を入手し、発信し、自由に自己表現する普遍的な権利です。しかし報道の自由は今、この20年間で例がないほど危機に瀕しています。今日5月3日は、1993年に国連総会で採択された「世界報道自由デー」です。

それ以来、「ウィントフーク宣言」が報道の自由度を測定してきました。宣言は「独立した、多元的で自由な報道の確立」を「民主主義と経済発展の基礎」と位置づけ、「国境なき記者団外部リンク」のような組織が毎年報道の自由を測定すると定めています。

しかし最近、報道の自由度は低下するばかり。2022年の測定では自由度が「良い」と判定されたのは179カ国中わずか8カ国でした。スイスはその1つ下の「満足できる」(39カ国)と評価されました。メディアの寡占が進み、報道の自由を制限する新しい法律ができたからです。

おすすめの記事

10言語で意見交換
担当: Renat Kuenzi

あなたに「表現の自由」はありますか?

あなたは自分の住んでいる場所の表現の自由が、しっかり守られていると感じていますか?

6 件のいいね!
287 件のコメント
議論を表示する

今日は世界報道自由デーに当たり、swissinfo.chがこれまで配信した「表現の自由を求める世界の声」シリーズを再掲します。世界のさまざまな国や大陸から集めた声は、記者にとっても読者にとっても報道の自由が闘って勝ち取るべき貴重な財産であることを物語っています。

swissinfo.ch直接民主制取材チーム・コーディネーター
ブルーノ・カウフマン

おすすめの記事
Marie Maurisse mit François Pilet im Büro

おすすめの記事

高まる差し止め圧力 スイスの報道の自由に忍び寄る危機

このコンテンツが公開されたのは、 調査報道メディア「ゴッサムシティ」の創業者兼編集長マリー・モーリス氏は、国内外の金融犯罪を次々と特報している。同氏はswissinfo.chの「表現の自由を求める世界の声」シリーズで、報道を差し止めようとする弁護士や裁判官が増えていると明かした。

もっと読む 高まる差し止め圧力 スイスの報道の自由に忍び寄る危機
おすすめの記事
Pravit Rojanaphruk

おすすめの記事

「ジャーナリストとして発言しない選択肢はない」

このコンテンツが公開されたのは、 タイでは、王室に抗議する人々が戦いの旗を振り続けている。ジャーナリストのプラヴィット・ロジャナプルック氏(51)は、swissinfo.chの「表現の自由を求める世界の声」シリーズで、タイで危機にさらされている自由について語った。

もっと読む 「ジャーナリストとして発言しない選択肢はない」
おすすめの記事
アイコン
ガリーナ・ティムチェンコ

おすすめの記事

「ロシアでは新たに100の報道規制法が成立した」

このコンテンツが公開されたのは、 ロシア系ウクライナ人のガリーナ・ティムチェンコ氏(60)は、数年前に生活と仕事の拠点をラトビアに移したジャーナリストだ。ラトビアでインターネットメディアを立ち上げ、厳しい検閲を敷くロシアでは報道不可能となった情報を発信し続けている。

もっと読む 「ロシアでは新たに100の報道規制法が成立した」
おすすめの記事
おすすめの記事
アイコン
仕事をする女性

おすすめの記事

自由のない社会で自由な発言を

このコンテンツが公開されたのは、 イェシカ・ドミンゲス・デルガドさん(30)はキューバで独立したメディアを設立し、活動している。

もっと読む 自由のない社会で自由な発言を
おすすめの記事

独語からの翻訳:ムートゥ朋子

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部