ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

この冬は大変!森の動物

雪に覆われた森林で餌を探すことはできない。場所によっては人が手助けをすることも

(Keystone)

スイスにはノロジカやアルプスカモシカ、シカなどが生息している。これらの野生動物の脂肪はこの冬、厳しい寒さの連続で大部分がすでに消費されてしまった。多くの土地に雪が残り、餌を見つけることもほとんどできない。

新陳代謝を低下させるため、動物は冬の活動を最低限に制限する。ハイカーやスノーシューズ・ハイカーは、道路やハイキング道からそれたり、犬を放したりしないように注意を呼びかけられている。

自然淘汰

 野生動物は何かに駆り立てられるたびに多くのエネルギーを費やす。だが、食糧が不足気味の現在、これらの動物はエネルギーを補給することがほとんどできない。

 それでも州狩猟管理局は、野生動物に餌を与える予定はない。干草にはセルロースがたくさん含まれており、これが野生動物の体内組織に大きな負担を与えるからだ。

 連邦環境省環境局 ( BAFU/OFEV ) によると、ここ数日、各州からは餓死した野生動物の報告が増えているという。特に多いのは、病気だったり衰弱していたりした動物だ。

 しかし、生き延びた動物にとっては、この冬は問題というより恵みとなる。健康で強い動物しか生き残らないため、このような窮境は大いに意義のあるものだと環境局は見ている。

swissinfo、外電
 


リンク

×