Navigation

冷戦時のスイス軍秘密部隊P26、政府が機密文書を公開

P26が訓練や会議に使っていた地下施設。ベルン州で Keystone

冷戦時代、旧ソ連の侵攻に備えてスイスが作った軍の秘密部隊「P26」に関する政府の機密文書「コルニュ・レポート(Cornu Report)」が25日、30年の年月を経て公開された。ただ個人名などは伏せられた。

このコンテンツは 2018/04/27 15:24
SDA-ATS/RTS/dos

スイスの秘密部隊「P26」

1950年代、共産勢力の侵攻に備えてスイス軍の秘密組織として作られた。正式名称は「26作戦(Projekt26)」。民間人約400人が所属し軍事訓練を受けたほか、スイス全土に秘密の武器庫を保有していた。

1990年2月、議会の調査委員会によってP26の存在が明るみになり、戦後史最大のスキャンダルに発展。議会の調査委員会は、この部隊には法的根拠がなく、政府の監視下の外で運営されていたと批判した。また1991年には、議会の調査委員会とは別に、政府がヌーシャテル州の判事ピエール・コルニュ氏に調査を委託した報告書「コルニュ・レポート(Cornu Report)」が出された。P26と海外組織の関係にも踏み込んだ内容だったが、政府は2041年まで機密文書扱いとした。P26は90年に解散した。

End of insertion

今回内容が明らかになったのは、コルニュ・レポートの「メディア公開用他のサイトへ」報告書。個人名などが黒く塗りつぶされ、当時は公開されなかったが、連邦政府が「個人情報保護の観点からも公開を阻害する理由がない」と判断した。全115ページに及ぶレポートの全容が解禁されるのは当初の予定通り、2041年以降になりそうだ。

この報告書によると、スイス人男女400人が敵国での戦闘を想定し、定期的に訓練を受けていた。またP26と英国の諜報機関は緊密な関係にあり、自国の諜報員らを相手国の訓練に参加させていたという。

>>冷戦時のスイス軍秘密部隊P-26 極秘文書が「紛失」?

冷戦期、西欧諸国の国々がこのような部隊を持つのは珍しいことではなかった。その中でもスイスのP26は、武装中立国であり北大西洋条約機構(NATO)の非加盟国だった事情を反映したものとみられる。

 不十分な「透明性」

連邦政府は25日付の声明で「透明性を鑑みて」公開に踏み切ったとし「P26に関する歴史的、政治的考察の一助になれば」と述べた。コルニュ氏は26日朝に放送されたフランス語圏のスイス公共放送(RTS)のインタビューで「(公開は)良いことだと思う。この報告書に光が当たるべきだ」と述べた。

一方、個人情報が一部伏せられた状態で公開されたことについて、コルニュ氏は「国民の不信感はぬぐえない。(全文が公開されても)偽の報告書だと思われるだろう」との懸念を示した。

コルニュ・レポートを巡っては今年2月、国防省に保管されているはずの27の文書をとじたバインダーやファイルの行方が分からなくなったと報じられ、大きな問題になった。 

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。