ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

フェデラーのラケットに120万円



数々の記録を塗り替えているフェデラーのラケットは垂涎の的

数々の記録を塗り替えているフェデラーのラケットは垂涎の的

(Keystone)

ロジャー・フェデラーらトップテニスプレーヤーによるハイチ救済に向けた慈善活動は、今も続いている。今年の全豪オープンで使用した直筆サイン入りラケットが、1月31日までオークションにかけられている。

入札2日後の1月28日現在で最も人気が集まっているのはフェデラーのラケットだ。これまで87人が入札し、1万3300ドル ( 約120万円 ) の値が付いている。
 

Hit for Haiti

 2番人気はラファエル・ナダルのラケットで、28日現在4150ドル ( 約37万円 ) で競られている。ほかにもノバク・ジョコビッチやキム・クライシュテルス、エレナ・ドキッチなどがラケットをオークションに出している。

 このオークションは「イー・ベイ ( eBay ) 」で行われており、26日に始まった。31日の男子シングルス決勝が終わるまで続く。トーナメント開始前日の17日には、フェデラーの提案によりチャリティーマッチ「ヒット・フォー・ハイチ ( Hit for Haiti ) 」が開催された。

 混合ダブルスの試合が行われ、18万5000ドル ( 約1700万円 ) 以上の寄付金が集まった。観客は正規の料金より安い入場料で観戦することができた。参加したプレーヤーたちは、コート上でマイクをつけてジョークを飛ばすなどして大勢詰め掛けた観客を楽しませた。

 フェデラーはこれまで全豪オープンで3回優勝した。今日29日は、準決勝でフランスのジョー・ウィルフリード・ツォンガと対戦する。決勝進出をすでに決めたのはスコットランドのアンディ・マレー。28日にクロアチアのマリン・チリッチを3:6、6:4、6:4、6:2で破った。決勝戦は31日に行われる予定だ。

 1月12日にハイチで発生した地震では推定20万人が死亡、数百万人が援助を必要としている。

swissinfo.ch、外電


リンク

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×